妊活で悩んでいませんか

いつ妊娠できるかわからないし、時間もお金もかかる妊活に不妊治療があります。妊娠に近づくにはどうすればいいのでしょうか。

妊娠を望むなら和食と洋食どっちがいい?


平成25年、和食が世界無形文化遺産に登録を受けました。一汁三菜をベースとする和食は動物性油脂があまりなく、適切な栄養配分と言われており、日本国民の長生きや肥満防止をアシストすることになっています。一方、和食はつくるのに手間暇かかるため、安易なパスタ、カレー、ハンバーグなど洋食を好きこのんで堪能する人もたくさんいるでしょう。しかし、洋食は和食とは違ってハイカロリーで脂質が多く、妊活の食事に最適だとは言えません。和食ではかつお節や昆布などでとる「だし」で味つけを行ないますが、洋食はソースやドレッシンダです。このソースやドレッシングもハイカロリーで塩気も高めです。日本国民は弥生時代から稲作をしてご飯を食べ、魚介や海藻類を味わって、牛や豚を食べる習慣は存在しなかったのです。このような食事内容で生み出された身体が先祖代々遺伝してきて、現在の日本国民を作りあげてきたわけですが、明治時代以降、とくに第2次世界大戦後どんどん西洋文化が入り込んで、アメリカやヨーロッパの食事内容が普通の家庭に拡がっていきました。しかしながら、2000年を超える歴史の中で継承されてきた日本国民の食事内容に今までと相違するものが入ってくると、やはり身体にマッチせず、健康を害する部分が生じるは当たり前ではないでしょうか。

例えるならハワイの日系人は、一世の人たちに対して二世三世と寿命が短くなると言われますが、欧米食が体質にマッチしないことが要因のひとつだとされています。沖縄も第2次世界大戦後アメリカの支配下に置かれたときに欧米の食事内容が入ってきたために、現在の中高年(40~50代)では太り過ぎになっている人が増加してしまったようです。高齢者の方はやせていて長寿なんですけど、中高年は糖尿病など生活習慣病に罹って短命と化しているのです。過去には国内一の長生き県でしたが、最近はランキングを大きくダウンさせています。やはり地域の特性にふさわしい食事を取り込まなければ、活気のある体はつくれないのではないかと考えます。妊娠を望むのなら鉄分補給のため肉も食べるようにしたほうがいいのですが、野菜や魚をまんべんなく食べられる和食をおすすめします。和食でも鶏肝などを煮たものもありますので、上手くメニューに組み入れましょう。

妊活とマーガリンの関係と危険性



妊娠を望んでいるあなたはバター派、マーガリン派のどちらですか?動物性のバターより、植物性のマーガリンのほうが体に良さそうと考える方もいると思われます。また、バターよりマーガリンのほうがリーズナブルなので、経済面の原因からマーガリンを選択する方もいるかと思います。しかし、妊娠を望むなら注意が必要です。米国ではいまではマーガリンの使用は認められていません。オランダやデンマークも同様なんです。マーガリンの原材料となる植物性油脂はトランス脂肪酸と呼ばれるもので、液体である植物油に水素を加えてまとめたものです。これが身体内に入ると有毒となり、摂り込みすぎると心筋梗塞などの発症リスクがアップすることが明確になりました。さらに、米国のハーバード大学医学部の研究では、「トランス脂肪酸は排卵に悪い影響を与えることがあり、不妊症が発症する原因のひとつになっている危険性がある」と指摘されています。トランス脂肪酸の過剰摂りこみで女性の子宮内膜症の発症危険性が高くなるという発表もあります。また同じハーバード大学の研究チームは、トランス脂肪酸の摂取量が多い男の人ほど、精子濃度が下がるという発表も行っています。こういった様にトランス脂肪酸は、妊娠を希望している夫婦としては大敵なのです。

トランス脂肪酸は、マーガリンに限らず、ショートニング、ファストフードのフライドポテトやパン、ケーキ、ポテトチップス等においても含有されています。日本国内で制限を受けていないのは、米国と対比すると一日の摂取量が少ないためで健康に良いはずはありません。スーパーやコンビニで商売されている菓子パンには、マーガリンやショートニングが用いられているものが多く、知らないうちにトランス脂肪酸を摂取している方もいるでしょう。妊娠を目指すなら原材料の表示を観察して、トランス脂肪酸はできるだけ、控えるようにすべきです。なお自然食品の販売店などでは、トランス脂肪酸を使っていないマーガリンも販売されています。バターよりもマーガリンの味が好み」という人は、こういったマーガリンを採用するとよいでしょう。

妊活には魚と肉どちらがおすすめか?

肉と比べて魚のほうが体にいいと、肉を遠慮して魚ばっかり食べるようにしていないでしょうか? 当たり前ですが魚には何種類もの栄養価があります。魚にたくさん含有されるオメガ3不飽和脂肪酸は、血液をさらさらにして、生活習慣病を食い止めることが認められていますし、うつといった精神的疾患やアルツハイマーの予防にも効果が期待できます。一方、肉と言ったらカロリーが高いのみならず、コレステロールもたくさんあって、健康に良くない印象かあるかもしれません。実際のところ、肉の脂身のところは当てはまりますが、赤身のところはカロリーが低く、身体の中で重大な影響を及ぼしてくれます。ですから妊娠したいなら、ぜひ摂り入れて欲しいのが赤身肉なんです。赤身肉の素晴らしい点は、何と言いましても鉄分の豊富さです。女性には月経があるので、男の人と比較した場合、鉄分を失いやすく、絶えず貧血の傾向が高いと言っでも言い過ぎとは言えません。子宮筋腫や子宮内膜ポリープなどの疾患で、経血量がいっぱいになって、貧血が生じてしまう方も見られます。貧血の方には好転のために鉄剤を処方されるのですが、鉄剤は吸収されづらく、直ちには効果が感じられないの可能性もあります。効果的なサプリメントもあります。それが美めぐり習慣です。

肉に含まれる鉄分はヘム鉄と呼ばれて、植物に含有される「非ヘム鉄」と比べ、5~10倍も吸収率がいいのです。鉄分が不足していると卵子の質がダウンし、妊娠率もダウンすることが確認されています。そういう理由で魚ばっかし口にしないで、肉もしっかり食べて、鉄分を体内に取り入れてもらいたいのです。野菜にも鉄分は含有されますが、かなりの量を摂取しないと十分に摂れませんし(ほうれん草1束に含まれる鉄分と豚レバー30gに含まれている鉄分がほぼ同じ)、非ヘム鉄だから、肉と異なって吸収も良いとは言えません。鉄分は肉から摂取するのが一番実効性がよいのです。素材別に見てみると、豚や鶏のレバーには鉄分がいっぱい、牛肉の赤身にもたっぷりと含有されています。魚介類ではあさりにヘム鉄が多く含有されています。余談ですが、鉄が一度に取り込まれる量には制限があり、たくさん摂取したところで排出されてしまいます。肉に鉄分がたくさん含有されるからといって、一回でたくさん口にすることは必要ありません。

このページのトップヘ